水は安全性は?

ウォーターサーバーに使われているお水は安全なの?

ここでは、お水の安全性という視点も含めてみていきたいと思います。

 

ウォーターサーバーに使われている水は、
ミネラルウォーターやRO膜水です。

 

最初にお伝えしておくことは、
日本でのこれらの製品に関しての扱いは、
食品衛生法で規定された清涼飲料水だということです。

 

それを踏まえて、考えていきましょう。

 

まず、水道水の水質基準の検査項目は50項目
ミネラルウォーターの水質基準検査項目は18項目です。

 

鉛・ヒ素・フッ素・ホウ素・亜鉛・マンガンは
水道水のほうがきびしい基準になっています。

 

発がん性があるとされるヒ素は、
ミネラルウォーターのほうが4〜5倍基準が甘いのです。

 

水道水は1日に2L飲んでも
人体に影響のないとされる基準でできていますが、

 

ミネラルウォーターなどの場合は、
1日に500mlの量は安全という規格
になっています。

 

ですので、ウォーターサーバーのお水も清涼飲料水
というふうに考えて、おいしいお水を便利に飲めるという感覚で
上手に利用していくのが賢い使い方ですね。

 

 

また、水質という観点からみると・・・

 

水道局を出るときの水質と自宅の水道蛇口から
出たときの水質、

 

ミネラルウォーターなどの製造工場での水質と
ウォーターサーバーの蛇口から出たときの水質、

 

どちらも、同じではないことに気づきますね。

 

水道水も水道局を出るときの水質は、
十分に検査され水質基準に合っている
水を出していますが、

 

自宅の状況によって、水質が変化していることもあります。

 

たとえば、古い水道管をそのまま使っていたり、

 

マンションで一度タンクに水を貯めている構造だったりと
各家庭に供給される時点では、それぞれ違うものに
なっているということです。

 

これは、ミネラルウォーターやウォーターサーバーも
同じことですね。

 

製造工場でボトリングされるときは
十分な品質管理をされていますが、

 

ミネラルウォーターを飲むときのお水がどんな状態かなんて、
自分で検査しない限りわからないことです。

 

 

もちろん安全性を求めて、
できる限りのチェックはしていくほうがいいですが

 

安全であることだけにとらわれずに、
自分にとってどうすることが快適な生活なのか
考えていきましょう。

 

考え始めたら、何も飲めないし、
何も食べられなくなってしまいます。

 

お水以外の清涼飲料水だって、たくさんの添加物が入っていますし、
砂糖の量を考えたらそっちのほうが健康を害するかもしれません。

 

清涼飲料水だけでなく、
その他の食品にもたくさんの食品添加物が使われています。

 

食べると気持ち悪くなる化学物質なども使われているのに、
安全だって売っているんです。

 

すでに人体に影響しているのに・・・。笑

 

そう、実はこの世界はもう笑うしかない状況なんです。
だから、心配しすぎないことが大切です。

 

 

これからの時代、もう少し安全なものや製品が
もっと作られていくでしょう。

 

これは、消費者が決めていくことができます。
私たちが意識すれば変えることができる

 

安くても添加物だらけのものは買わないとか、
意識して選択することで
取り巻く世界は変わっていきます

 

需要があるから作られていくんです。

 

いやなものは買わなければ、売れないから作られなくなって、
身体にいいものや身体にやさしいものを買うようにすれば
そのような製品が増えていきます。

 

 

というわけで、お水の安全性についてみてきましたが、
ミネラルウォーターを飲むことは、
コーヒーやジュースを飲むのと同じだと考えて、

 

おいしいお水が飲めることを楽しむようにしましょう。

 

水道水が塩素臭くて飲めない人や、
塩素などの化学物質に過敏な人にとっては
とても役立っていますし、なくてはならないものになっています。

 

 

 管理人が判断する、安心して使えるウォーターサーバーはこちら