よくある苦情やトラブル

ウォーターサーバーの苦情について

 

ウォーターサーバーが急速に
普及している反面、苦情も同様に
あるようです。

 

どの分野もそうですが、
新しい商品や普及し始めのときは、

 

消費者も分からないことがありますし、
思い込みや不安、勘違いから
来る苦情というのがあります。

 

また好みの違いから来る
ある人にとっては良くても、ある人にとっては
良くないといった苦情などもあります。

 

こういった点は、予め知識を得たり
調べたりすることで回避できたりしますね。

 

また契約時にも契約時にしっかりと話しを
聞きましょう。

 

お試し期間を利用するのも、契約前に
いろいろ確認できていいかも知れませんね。

 

 

ただし苦情やトラブルに中には
メーカーさん側(販売代理店さん側)の
営業のやり方や説明不足

 

あるいは商品の品質や使い方に関する
内容のものもあります。

 

販売業者さんの中には、知識不足だったり
ノウハウが無い業者さんや代理店さんが
いたりします。

 

そういった販売代理店さんの、
経験や知識不足から来るトラブルなどは
事前にしっかりと調べたり、

 

契約の際はしっかりと担当者と話をしたり
しっかりと話を聞くようにすることで
判断できますしトラブルも回避できます

 

 

 

もちろんこれらはメーカーさんによっても
違いますから、一概に業界そのものを
批判してはいけません。

 

一般的にはトラブルや苦情の多くは

 

市場の成熟、また互いの慣れや経験の蓄積、
情報の広がりなどで解消されていくことが
多いようです。

 

消費者としては、予めどんなトラブルや
苦情があるのか知っておきたいところですね。

 

そして情報を知っておけばトラブルや苦情は
回避できます。

 

 

そこで、こちらのページではよくある苦情や
トラブル等についてご紹介させていただきます。

 

 

また、あってはいけませんが事故やなどに
ついても、その原因や状況を知っておけば
予防・防止ができますのであわせてご紹介します。

 

 

よくある苦情・トラブルと回避方法

 

 天然水だと思っていたらRO(逆浸透)膜で
     ろ過したRO膜水(ピュアウォーター)だった。
     またはその逆もあります。

 

   契約前に確実に確認する。
     ウォーターサーバーのお水には天然水とRO膜水が
     あることを知っておく。

 

     ほとんどは確認不足から来ることが多いので
     確認を忘れなければ回避できるトラブルです。

 

 

 お水のボトルが重くてサーバーにセットしにくい。

 

   ほとんどのメーカーさんは12リットル入りの
     ボトルが多く、上に設置するタイプが多いですが、

 

     容量の小さいもの、ボトルがサーバーの下に
     設置できるタイプなどがありますので
     よく吟味することで回避できるトラブルです。

 

 

 お水の配達の遅配

 

   配達予定日に配達されないということが
     中にはあるようです。

 

     単純な業者さん側のミスであることが多いので
     遅配の場合はすぐに連絡をして持ってきてもらいましょう。

 

 

     ただし重要なのは、水の遅配に限らず

 

     しっかりと事前にメーカーさんを調べ、
     またしっかりと対応してくれる販売会社(販売代理店)を
     選ぶこと、

 

     契約に関しても、ボトルの配達頻度や配達間隔などを
     確認しておきましょう。

 

 

 解約しようとしたら解約料がかかった

 

   これも事前に把握、確認しておくことで
     回避できます。

 

     おおよそのメーカーさんは一定期間内の
     解約については解約料や手数料を設けています。

 

     そのことを理解しておきましょう。

 

 

 お客様サポートの窓口に電話が繋がりにくい

 

   問い合わせの中には、公式サイトなどで確認して
     解決できる問題もありますので、公式サイトの
     Q&Aなどをまず見てみましょう。

 

     こういった部分も事前に確認しておきたいですね。

 

 

 サーバーのメンテンスに関する苦情

 

   メンテナンス費用が、年費用や月々の費用で
     必要だったりする場合や、

 

     基本的にセルフメンテンスになっていて、
     メーカーさんにメンテンスを依頼すると
     有料というところもあります。

 

     これも事前に確認・把握しておくことで
     トラブルや苦情を回避できます。

 

 

 お湯で火傷をした
    (温水レバーを触ったお子さんが火傷をした)

 

   チャイルドロックが付いているか、
     あるいは付いていても十分な機能を備えているかを
     確認しましょう。

 

 モーターの音

 

   ウォーターサーバーも温水を出したり
     冷水を出したりしますのでモーターがついています。
     その音が気になるということもあるようです。

 

     一般的には気になるレベルではないようですし
     (冷蔵庫の音よりも小さいレベルがほとんどですし)

 

     設置場所や設置条件によって音が大きくなることも
     あるようですので、それらを改善すること
     音を抑えることもできるようです。

 

     傾いて設置されていたり、壁に近いと音が大きく
     なってしまうこともあるようです。

 

     設置方法や設置条件を見なおして見ることで
     改善されます。

 

     この辺りも事前に確認しておきたい点ですね。

 

 水漏れ

 

   ボトルの設置がしっかり行われていない、
     ボトルの設置に失敗してしまった、
     あるいは接続部を破損してしまった

 

     などが原因になっているようことがあるようです。

 

     機械的な初期不良は別として、上記のような
     トラブルは、ボトルの設置が楽なタイプや
     卓上式などのサーバーにされるとよいでしょう。

 

     細菌は小さいサイズのお水のボトル(パック)や
     サーバーの下で交換できるタイプもありますので
     事前に確認しておきましょう。

 

 

 お客様の満足度が高く安心して利用できるウォーターサーバーはこちら