生活習慣病予防にお水は重要

生活習慣病の予防にお水は重要

 

生活習慣病に対する水分補給

 

身体の大半を占める水分ですが、
水分は病気の予防に非常に有効に働いてくれます。

 

特に今の成人の人の多くが予備軍と言われている
糖尿病ですが、年々その数は増えています。

 

聞いたことがあるのですが、日本人は糖尿病に
なりやすい遺伝子を持っているらしいですね。

 

もちろん原因はそれだけではありませんが
従来質素でバランスの良い食習慣をしていたのが、

 

世界でも有数のグルメ大国になって
世界中のおいしいものが日本にいながら
食べられるようになりました。

 

 

日本に来る外国の人も、日本の食べ物はおいしいと
感じているそうですが、それは日本食だけでなく食品全般において
言えるのではないかと感じます。

 

農耕民族だった日本人が欧米式の食べ物を
当たり前に食べるようになってきて、

 

今や食感も柔らかく血糖値も上がりやすい食べ物ばかりです。

 

 

昔はしっかりと咀嚼しないといけなかったのが
口当たりの柔らかいものばかりになり、

 

また精製された米、小麦粉、砂糖などは
すぐに吸収され血糖値を急激に上げてしまいます。

 

精製されていないものは、本来穏やかに吸収されるので
血糖値も穏やかに上昇するとのことですが
身の回りは精製されて吸収されやすいものに囲まれています。

 

 

飲み物は、砂糖などを使った甘い飲み物
カロリーは低いけど健康への懸念が指摘されている
人工甘味料の多用

 

運動不足になりやすい生活習慣、ストレス等々
生活習慣病になりやすい条件は整っていると
言わざるを得ませんね。

 

 

生活習慣病の予防にお水を飲みましょう

 

生活習慣病の予防にお水を飲むことをおすすめします。

 

もちろんお水が薬のような役割をするわけでは
ありません。

 

ではお水がどのように良いのかということですが、
お水を飲むことで食べ過ぎを防ぐという点です。

 

私の周りを見てもとても早食いの人が多いのですが
日本人は早食いの人が多いような気がします。

 

ヨーロッパだとランチでさえも時間をかけてゆっくりと
楽しむのですよね。

 

でも日本では時間がないのか、掻き込むように
短時間で済ませる人が多くないですか?

 

こういうは大食いになりやすいのですよね。

 

脳が満腹を感じる前にそれ以上の量を食べてしまうのですが
そこに胃の中にお水を入れることで胃に入る食べ物の量を
抑えるのですね。

 

食欲そのものを抑える働きもあるので
意識してお水は飲みたいものですね。

 

 

また日常的な水分補給は代謝も上げてくれる働きも
あるのでダイエット効果も期待できます。

 

 

生活習慣病の予防の一貫としても
ぜひ良いお水を飲みたいものです。

 

こういう時は、いつでも良いお水が飲める
ウォーターサーバーは便利です。

 

 

   生活習慣病の予防に配慮して良いお水を飲むならこちら