水道水は危険?

水道水は危険?

水道水が危険な理由

 

水道水が危険だとされている理由を以下にまとめました。

 

塩素で消毒

水道水が嫌がられる理由のひとつは、
塩素が入っていることですよね。

 

お水の味がまずい、臭いがする、
カルキ臭の原因となっています。

 

ですが、水道水は塩素を入れることによって、
細菌や病原菌から私たちを守ってくれているんですね。

 

他国では、水がきれいだからと塩素量の基準を低くしたら、
コレラ菌が繁殖してしまったこともあったようです。

 

塩素はイヤだけど、それを取り除いてしまったら、
水道水が汚染されてしまうんですね。

 

水道水の採水は、河川が多いので塩素を入れて
消毒しなければ細菌が繁殖しやすくなるということです。

 

川の上流の地域はまだ、
河川から採水した水もきれいだと思います。

 

しかし、下流の地域の浄水場に
採水されている水を見たことがありますが、
驚くような水でした。

 

ですので、塩素は私たちの
現在の生活や健康を守る上で、重要な物質
なのです。

 

私たちが、古代のままの生活をしていないのですから、
仕方ないですね。

 

河川を汚してきたのは、私たちです。

 

細菌に感染することなく、水道水が使えているのは
塩素のおかげでもあるということです。

 

今まで大丈夫だったのだから、
心配しなくても大丈夫だと思います。

 

 

逆に、浄水器などで塩素を取った水を
長時間保存したりするのはよくないことのようです。

 

 

トリハロメタンの問題

次に気になるのが、トリハロメタンという物質です。

 

お水関係のサイトなどを見ると、
水道水についてのトリハロメタンの危険性を
書いていることが多いので私も気になっていました。

 

トリハロメタンは発がん性があるとされる物質です。

 

ではなせトリハロメタンは水道水に
入っているのでしょうか?

 

水道水は塩素で消毒をすることが義務付けられていますが、
水に塩素を入れると、水の中にもともとあった有機物と
反応して生成されてしまうのです。

 

トリハロメタンの中には、何種類もの物質があるのですが、
60〜90%はクロロホルムという物質です。

 

水道水の中に、トリハロメタンが含まれていると思うと、
いやな感じはしますよね。

 

ですが、日本の水道水の水質基準は、かなり厳しくなっていて、
1Lあたりのクロロホルムの含有量は0.06mg以下。

 

世界保健機構(WHO)の基準は、0.2mg以下となっています。

 

WHOの基準より日本が厳しいのは、
恵まれた水源がたくさんあることにあります。

 

日本は島国なので、どこでも環境汚染の少ない川から
水道水の水源を取れるのですが、
諸外国ではそうはいかない地域も多いのです。

 

そういった意味では、
日本は世界基準から見てもきれいなお水を飲んでいる
ということが言えます。

 

 

トリハロメタンを摂取することのリスクは、
タバコのニコチンやお茶などに含まれる
カフェインよりもかなり小さい
ようです。

 

また、人体に入ってきても、代謝されてしまう物質でもあります。

 

 

本当に水道水は危険なの?

 

水道水の危険性やトリハロメタンについて
書かれているサイトも多いですが、

 

私の個人的な考えとしては、
トリハロメタンだけを取り上げて発がん性とか
有害だとかいうのもちょっと不思議な気がします。

 

タバコ吸ってないですか?
たくさん添加物の入った食品を食べていませんか?

 

食品添加物については、同じように基準値以下なら
入れてもいいとなっていますが、

 

食品会社の社長はその添加物が入っているものは
食べないなどの話もあるくらいです。

 

タバコを売っている会社の社長も、実はタバコは吸ってない。
害があることをわかっているからです。

 

それでも、食品や水道水に関しては、
たくさんの人に供給するために
保存できるような添加物を入れているということです。

 

たくさんの種類の添加物があったり、危険だけど
濃度が薄ければ安全とされている物質がある世界で、
水道水が原因でガンになるなんてありえない。

 

ガンになるかならないかは、その人の体質もありますし、
他の生活習慣にも関係してきます。

 

国の安全基準も、
本当なのかどうかすべてが疑わしいですよね。

 

今はこの基準で大丈夫だけど、
何年後かは違ったなんて話はたくさんあります。

 

原発事故のときでさえ、本当は逃げなきゃいけなかったのに
逃げなくても大丈夫だって言い続けたくらいですから・・・。

 

 

ということで、現在私たちは、
そんな世界で生きているということです。

 

それをある程度受け入れないと、
心配なことばかりになってしまいますよね。

 

何が正しいかなんて、誰にもわからない。

 

 

ですので、
小さなことを取り上げて心配するのはやめましょう。

 

 

水道水は安全だと思って利用していれば、安全な水になるし
危険だと思って利用していれば、危険な水にもなりえます。

 

 

その人の気持ちの問題も大きくかかわってくると思うんです。

 

 

海外では、日本ほど安全で飲める水道水を
使っている国は本当に少ない
です。
飲めないことがほとんど。

 

そう考えると、日本は本当に恵まれている国だと思います。

 

水道水に関しても、すべては自己判断でしかないということです。

 

 

危険かどうかを判断するのは、すべて自分次第です。

 

どうしてもイヤだったら、水道水は使わないようにすればいいし、
飲み水は、ミネラルウォーターを利用するとか、

 

おいしいお水が飲みたいから
ウォーターサーバーを利用するなど、選択肢はいろいろあります。

 

 

お水を扱っている業界や業者は、
商品を売るために水道水の危険性を
あおっているような場合もあります。

 

そんな宣伝戦略や周囲に惑わされないようにしてくださいね。

 

 

どうすることが快適なのかを自分で選んでいきましょう!

 

 

 管理人が判断する、安心して使えるウォーターサーバーはこちら