温泉水の効果

ミネラルウォーターや炭酸水の他、最近じわじわと利用者が
増え始めているお水に温泉水があります。

 

温泉水と言えば、温泉地に行ったときに場所によっては
飲めるようになっているものもあります。
(飲料に適さない温泉水もあります。)

 

温泉水は地中で地熱などによって暖められ、また硫黄などを
はじめとする成分を含んでいるものを言います。
またミネラル分も豊富に含んでいます。

 

一般的には温泉に浸かることで得られる効能には、

 

お湯に浸かること自体で得られる水圧によるマッサージ効果や
内臓活動の改善、

 

浮力による体の負担軽減、体が暖められる温熱効果、
また温熱効果による血行の改善と新陳代謝の向上と疲労物質の
排出効果、

 

自律神経を正常化させる効果やリラックス効果(ストレス軽減)、

 

そして微量の放射線や硫黄分等々の化学的な理学作用が
挙げられます。

 

アトピーやリウマチ、皮膚病、腰痛や神経痛、美肌、外傷(骨折)、
高血圧をはじめとする生活習慣病等々への好効果が期待できます。

 

日本は地震国であり、火山活動なども活発で温泉国家と言え
温泉文化が根付いています。

 

このような温泉水を飲むことで得られるメリットとして
通常はお湯に浸かることでお湯に備わっている効果効能を
飲用することで得ることができます。

 

地中で溶け込んだミネラル分や温泉水ならではの効果成分を
体内から取り込むことができます。

 

体の外側からだけではなく、体内からもその効果を実感することが
できるということで温泉地などで(飲料可能なものが)飲用でき
人気になったりしています。

 

ただ温泉水の飲用はでこでもできるというわけではなく、
温泉地でも飲用できないところもあります。

 

つまり温泉水も飲めるものと飲めないものがあって
そもそも水道水や安全検査を行っていないものは論外として

 

様々なミネラル成分や温泉成分が過剰に含まれていて
基本飲用に適さないものも多いということです。

 

通常は温泉は浸かることで効果が得られるもので
それすなわち何でもいいから飲めばいいというものでは
ありません。

 

衛生面や飲用可能な措置や検査が行われているものであると
いうことが大切です。

 

しかしそういった点を経て安心できるものとして
最近は温泉水の商品価値などが見いだされペットボトルなどで
販売もされています。

 

温泉地に行って、飲める温泉水があったとしても薬ではないので
その一時飲んだとしてもいきなり体調などが改善されません。

 

継続して続けていく必要があります。

 

そういった意味では飲料用の温泉水は健康改善には
有効なのでなないでしょうか。

 

ただしウォーターサーバーのように温水がすぐ利用できません。
ですのでウォーターサーバと併用して使い分けるのが
よいのではないでしょうか。

 

 

 併用して欲しいおすすめウォーターサーバーはこちら