「糖質」と「糖類」

「糖質」と「糖類」の違いとは

 

ダイエットをしていると、必ずと言っていいほど
「糖質」「糖類」という単語を見ますし、気にしますよね。

 

そして、人工甘味料を使用している飲料類で
よく「糖質ゼロ」と「糖類ゼロ」と表記があります。

 

この「糖質」と「糖類」の違いですが
この違いがよく分からず利用していませんか?

 

 

例えば発泡酒などで「◯%糖質カット」とか、
菓子類なども含め「糖類不使用」等表記されているのをよく見ます。

 

 

糖質がカットしてあるから、とか糖類が使用されていないから、
ということで、何となく健康的な面がイメージされて
同じ買うならそちらを購入されることも多いのではないでしょうか?

 

 

そもそも「糖質」と「糖類」の違いは何でしょうか。

 

そもそも「糖質」と「糖類」の違いは何かと言うと、

 

糖質

多糖類 (オリゴ糖、でんぷんなど)
二糖類 (麦芽糖、ショ糖、乳糖、砂糖など)
単糖類 (ブドウ糖、果糖など)

 

これらを全て含むものを「糖質」と言います。
または炭水化物から食物繊維を除いたものを言います。

糖類

二糖類と単糖類を指しす。 (多糖類は含まない。)

 

糖類は糖質の一部という認識になります。

 

こういう違いになります。

 

 

公式にすると、
炭水化物 − 食物繊維 = 「糖質」
糖質 − 多糖類 = 「糖類」

 

糖質カットの方が糖類カットより
含まれる糖分はカットされているということになります。

 

 

糖質とは

 

 

糖質は、白米、バン、いもなどの炭水化物など体内でブドウ糖に変わるものです。

 

最近は炭水化物ダイエットと言った炭水化物を制限するダイエットがありますが、
これはまさに糖質を制限するということです。

 

 

消費者庁では、栄養評価基準として
以下のように位置づけています。

 

例えば「◯◯ゼロ」と表示されているものを例にすると、

 

1、糖質ゼロ    糖質が100g(飲料は100mlあたり)0.5g未満で記載可能
2、糖類ゼロ    糖類が100g(飲料は100mlあたり)0.5g未満で記載可能
3、ノンシュガー  糖類が100g(飲料は100mlあたり)0.5g未満で記載可能
4、シュガーレス 糖類が100g(飲料は100mlあたり)0.5g未満で記載可能
5、砂糖不使用  砂糖以外の糖質は含まれている

 

こういう順番で糖質が少なくなっていくとされています。

 

 

なぜ「糖質」と「糖類」の違いや性質を取り上げるのかということですが、

 

ご説明しご理解いただき、糖質ゼロや糖類ゼロなどの内容を
正しくご理解いただき、何を飲んだらいいかの基準を
ご理解いただければと考えたからです。

 

『ホントは怖い人工甘味料』のページでも取り上げましたが

 

糖質ゼロとか糖類ゼロ等でカロリーが抑えられていたとしても、
人口甘味料が使用されていると実際は決して健康的ではないということが
最近は言われ始めているからです。

 

 

また上記にも記載しましたが「糖類ゼロ」と書かれてあっても
多糖類が含まれています。

 

詳しく調べると、カロリー表記や糖質や糖類に関する表記には
注意が必要なことが分かります。

 

カロリーが低いといって人工甘味料を摂取すると
健康への影響も懸念されますので注意してください。

 

 

注意点として

 

 

・糖類ゼロでも多糖類(オリゴ糖、でんぷんなど)は含まれている。

 

・糖類がゼロ、またはカットしてあっても人工甘味料が使用されていることがある。

 

・糖質も糖類も100g(飲料は100mlあたり)0.5g以下ならゼロと表記可能。
 実際には完全なゼロではないため多少の摂取はあります。

 

・実はカロリーゼロも100gあたり5kcal未満はゼロカロリーなどと表示可能。

 

 

 

最近はトクホ(特定保険用商)にも人工甘味料が使用されて
いたりしますが、本当に健康に役立つのか分からなくなります。

 

厄介なのは、健康的な原材料を使用していても
人工甘味料が混合で使用されていることが多いということです。

 

ノンアルコール飲料、発泡酒などの第3のビールなどにも
人工甘味料などが使用されていますのでよく確認してください。

 

 

私はここに記載した事がわかった時、
積極的にミネラルウォーターを利用するようにしました。

 

 

 健康への影響を考えるなら良質なお水を飲むことをおすすめします。