天然水とRO膜水

天然水とRO膜水

ウォーターサーバーのお水の種類には、
「天然水」「RO膜水」があります。

 

ここでは、2種類のお水の特徴やどのように
違うのかを比較していきます。

 

各業者で扱っているお水が違うので、
あなたの使用目的やどんなことを重視して選ぶかによって
メーカー選びも変わってきます。

 

ここで、お水の違いを理解したうえで、
ウォーターサーバーを選んでいきましょう!

 

 

天然水とは?

 

特定の水源から採水された地下水を
原水とする自然のままのお水
です。

 

山に降り注いだ雨や雪が長い年月をかけて、
自然のろ過フィルターである地層にしみこんでいき、

 

その間に土のなかにあるミネラル成分が
お水の中に溶け込んでいます。

 

飲料水に利用する場合は、採水した天然水を
ろ過・加熱殺菌・沈殿などの処理で不純物を取り除いたあと、
人工の手を加えずにボトリングされたものです。

 

天然のミネラルがお水の中にそのまま残っているので、
おいしいと感じるお水であるといえます。

 

 

RO膜水とは?

 

採水した原水をRO膜(逆浸透膜)と
呼ばれる水分をろ過できる膜を使ってろ過したお水
です。

 

RO膜(英語表記 Reverse Osmosis Membrane)とは、
ろ過膜のひとつで、水の分子を通し、
不純物は透過しない性質を持っています。

 

ウォーターサーバーのボトルに使われている水は、
0.001〜0.0001ミクロンのフィルターを使用しています。

 

水に圧力をかけることで、水の分子だけがとおり、
分子の大きい重金属やダイオキシンなどの環境ホルモン、
細菌やウイルスなどは透過できない仕組みとなっています。

 

このRO膜をとおすことで、
限りなく純水に近い安全で衛生的なお水
といえます。

 

また、素材の味を引き出したり、
食品に含まれる栄養素を損なうことが少ないため、
お料理にも向いているお水といえるでしょう。

 

 

RO膜水の中には、ろ過しただけではなく、
人工ミネラルを添加したお水も
ありますのでご注意くださいね!

 

私個人の見解としては、
人工ミネラルを添加する必要性を感じられないのです。

 

添加物だらけの世の中で、
お水にまで添加物を入れる必要はないと思っています。

 

ミネラルが入っているお水を飲みたい場合は、
天然水を選ぶことをおすすめします。

 

天然水とRO膜水はどちらのほうがいいの?

どちらのお水を選ぶかは、

 

あなたがどのような目的でウォーターサーバーを利用するのか
によっても違ってきてしまうので、私が「これがいい!」と
決めることはできません。

 

 

私が考える選び方の基準としては・・・

 

天然水がおすすめの場合

 

  • とにかく味にこだわりたい。
  • ミネラル成分が入っていることが目的である。
  • 料金にはこだわらない。

 

などです。

 

 

RO膜水がおすすめの場合

 

 

  • 安全で衛生的なお水がよい。
  • お料理にもたくさん使いたい。
  • リーズナブルな料金でウォーターサーバーを利用したい。

 

 

などです。

 

 

2つのお水の特徴をふまえて、
ご自身にあった種類を選びましょう!

 

 

 管理人が判断する、安心して使えるウォーターサーバーはこちら