水中毒に注意

水中毒に注意

 

一般的に人に必要な水分量は1日2リットル程度と言われています。
最近は水ダイエットやデトックス効果を期待して、
こまめに水分を摂る人も増えて来ました。

 

ただし、一度に大量の水を飲んでしまうのはおすすめできません。
いわゆるがぶ飲みと言うやつです。

 

熱い夏場やスポーツで大量に汗をかくなどした時は、
少々多めの水分を摂取しても問題はありません。

 

しかしそうでない場合、一度に大量な水分の摂取は水中毒
起こす原因になります。
(汗をかかない場合、2リットルでも多い場合があります)

 

水中毒はどういうものかというと、

 

例えばごく少ない例ですが、水分が過剰に取り込まれる
ことによって血中のナトリウムが薄くなり、低ナトリウム血症という
症状を起こすなど健康に害が及ぶ場合があります。

 

暑いとついつい冷たいものをグビグビ飲んでしまいがちですが
行き過ぎるとよくありません。

 

 

鉄欠乏症

 

水の飲み過ぎに関連してですが、
冷たい物の飲み過ぎはお腹を冷やしてしまうので良くないとか、
負担がかかるので良くないとよく言われます。

 

ただ行き過ぎなければ(下痢などを起こすようだと生き過ぎですが)
基本的には冷たいものの摂取は問題ありません。

 

ただし、頻繁に氷を過剰に欲しがる(かじりたがる)とか
冷たいものを人並み以上に欲しがるなどがあったら
鉄欠乏症を疑って見る必要があります。

 

季節を問わず氷を頻繁に欲しがるとかは、その症状を表しています。

 

過剰な水分を欲しがるなども含めて、何らかの病が隠されている
場合があります。

 

鉄欠乏症、内臓疾患などの疑いを持ったほうが良い場合もあるので
ご自身やご家族、周りの方で過剰に氷や水分を欲する場合は
疑ってみてください。

 

喉の渇きを訴えると糖尿の疑いがあるとかもあるので
普段から観察眼を持つことは重要です。

 

 

 日常的に飲むおすすめウォーターサーバーはこちら