メンテナンス・お手入れ

メンテナンス・お手入れ

ウォーターサーバーはいつも清潔にしておくことが大切です。
ご家庭でのお手入れは必ずしてくださいね。

 

業者によっては、定期的にウォーターサーバーの
メンテナンスをしてくれるところもあります。

 

 

ウォーターサーバーのお手入れ

 

ウォーターサーバーは不純物の少ないお水を
使用しているので、サーバー内部にカビやゴミ、
汚れなどが着きにくくなっていますが、

 

ご家庭でできるお手入れは、定期的に行いましょう。

 

サーバーのタイプによって
専用のお手入れ方法がある場合もありますが、
ここでは基本的なのやり方について、ご紹介します。

 

1. 電気プラグのホコリを掃除機で吸い取り、
   電気プラグをコンセントからはずしてはじめます。

 

2. サーバー本体は、軽く湿らせたふきんで水拭きします。

 

3. 給水口はふきんで水拭きしたあと、アルコール系除菌剤などを
   キッチンペーパーにスプレーして拭きます。

 

4. ボトルの差込口は清潔なふきんできれいに拭いてから、
   アルコール系除菌剤などで拭くと、より衛生的です。

 

 

※お手入れの際の注意点

 

☆給水口とボトル差込口を水拭きするときのお水は、
 ウォーターサーバーのお水を使ってくださいね。

 

 水道水で拭いてしまうと、
 塩素などが付着してしまいますから。

 

☆ボトルの差込口のお手入れは、
 水ボトルを入れかえるときに、
 そのつどお手入れしていきましょう。

 

 そのほかのお手入れは、
 1週間に1回くらいを目安にしましょう。

 

 

サーバーの使い方にもよりますが、コーヒーなどの色がついている
飲み物をものを作るために給水口からカップへ直接注ぐと、
給水口の周りが汚れるみたいです。

 

お手入れは衛生的にも重要ですので、しっかり行っていきましょう。

 

 

 

ウォーターサーバーのメンテナンス

 

サーバー内部のメンテナンスについては、
業者によって無料でメンテナンスしてくれるところと

 

有料でメンテナンスしてくれるところ、
メンテナンスが不要という業者もあります。

 

メンテナンスをしてくれる業者の場合、
料金は無料のところが多いですが、
有料の場合は1回3,150円〜5,250円位です。

 

周期は、年1回のところや2年に1回サーバーを
交換してくれるところもあります。

 

メンテナンスの形態は、メンテナンスにきてくれる業者、
サーバーを持ち帰ってメンテナンスしてくれる業者、
サーバーを交換してくれる業者などさまざまです。

 

内容は、
本体や内部のクリーニング、部品の交換、殺菌処理などを
してくれるようです。

 

ウォーターボトルのタイプがガロンボトルを使用している業者は、
メンテナンスが必要です。

 

 

では、メンテナンスが不要な業者はどうなっているのでしょう?

 

セルフメンテナンスだけでも大丈夫な業者やメンテナンスを
しなくても大丈夫な業者もあります。

 

メンテナンス不要な業者は、サーバー内部が汚れないような構造に
なっているということです。

 

メンテナンスをしなくてもサーバー内部を清潔に保てるものなど、
サーバーの構造の違いや使い方の違いが関係しています。

 

メンテナンスが必要ない場合、
明確なサーバーの構造上の違いががあればいいのですが、

 

明確でない場合はメンテナンスをしてくれる業者を
選ぶほうがいいです。

 

メンテンナンス不要な場合オートクリーン機能搭載かなど
確認するとよいでしょう。

 

メンテナンスとお手入れについて

 

メンテナンスについは、基本的に必要だと感じています。

 

サーバーについて調べてみると、

 

給水するときにウォーターボトルに空気が入るから
メンテナンスが必要で、空気が入らないような構造だったら
メンテナンスは必要ないということにになっています。

 

サーバーに特別な装置がついていたり、
違う構造になっていれば別ですが、

 

空気が入らないからという理由だけで、
サーバーメンテナンス不要とするのは疑問です。

 

オートクリーン機能やメンテンナンスなことを立証している
メーカーや業者を選ぶことがポイントです。

 

空気は入らなくても、水の中のミネラル成分というのは、
ものに付着しやすいです。

 

カルシウムが白く付着しているのを
見たことがあるかもしれません。

 

雑菌の問題だけでなく、
定期的なサーバー内部のお掃除は必要です。

 

ウォーターサーバーを契約する前は、
メンテナンスの有無、メンテナンスをしてくれる場合は

期間や費用もチェックしておきましょう。

 

 

また、サーバーのお手入れ方法についても、
契約前に確認しておきましょう。

 

 

 管理人が判断する、安心して使えるウォーターサーバーはこちら