ウォーターサーバーの水の種類

ウォーターサーバーの水の種類

ウォーターサーバーに使われているのはどんな種類の水?

 

 

ウォーターサーバーで使われている水は、
天然水RO膜水と呼ばれるお水です。

 

天然水

 

天然水は、採水地からくみあげた水を
非加熱処理または加熱処理されたお水
です。

 

ミネラルがそのまま残っているので、ミネラル豊富な水ですね。

 

ミネラルウォーターは、お水の中にミネラルが入っているから
身体にいいといわれたりしています。

 

が、

 

実はお水から身体に必要な栄養素の摂取は
望めないということです。

 

身体に必要なミネラルは、食事からとるのが基本なのです。

 

ですので、お水の中にミネラルがあることのメリットとしては、
飲んだときにおいしいと感じるお水だということです。

 

確かに、いろいろなお水を飲み比べてみても、
ミネラルがそのままの残っている水はおいしいと感じます。

 

 

RO膜水

RO膜水は、0.001〜0.0001ミクロンの逆浸透膜を使って
お水をろ過し、細菌やウイルスなどの不純物を除去しているお水です。

 

業者によって、水源は天然水を使っているところと水道水を
使っているところがあります。

 

また、RO膜を使ってお水をろ過したあと、
ミネラルを人工的に添加している業者もあります。

 

その場合はデザインウォーターと呼ばれています。

 

 

ウォーターサーバーのお水の種類に関しては、
天然水とRO膜水で詳しく比較しています。
参考にしてくださいね!

 

 

 管理人が判断する、安心して使えるウォーターサーバーはこちら