ウォーターボトルの種類

ウォーターボトルの種類

ウォーターサーバーに使われている水のボトルはどんなもの?

 

ウォーターサーバーに使われている水のボトルには
2種類あります。

 

 

 

1.ボトルを再利用するガロンボトル(リターナブルボトル)

 

2.使い捨てられるワンウェイボトル

 

 

 

それでは、2つのボトルの特徴を詳しく説明していきますね。

 

  • ガロンボトル

 

お水を飲み終わって空いたボトルは、
業者が回収してくれて、回収後に洗浄されて
再利用されるタイプのボトルです。

 

ガロンボトルを使用するメリットは、
ボトルを再利用するのでゴミが出ないことです。

 

デメリットとしては、ボトルの回収日まで
空ボトルを保管しなければならないこと。

 

でもこれは、届いたお水を保管する場所と
同じ場所において置けるので、

 

空ボトルの保管場所を
もうひとつ確保しなくても大丈夫です。

 

ボトルを縦に積めるように
間に置くものを貸してくれたり、
販売している業者もあります。

 

縦に積んで置けたら、
水の保管場所は少ないスペースですみますよね!

 

もうひとつのデメリットは、ガロンボトルの素材です。

 

ポリカーボネート樹脂という素材が使われていることが
ほとんどなのですが、そのポリカーボネートは人体に影響を
及ぼす可能性があるという見方がされています。

 

ゴミが出なくて地球にやさしいですが、
人体に影響する可能性があるのはどうなのかなと
疑問に感じている部分です。

 

ガロンボトルを使用している業者のお水は、
RO膜水が多いです。

 

 

  • ワンウェイボトル

 

お水を飲み終わったあとの空ボトルは
業者に返却することなく、資源ゴミとして
捨てることができます。

 

ボトルの素材は、やわらかいポリエチレン製や
PET樹脂などでできているので、
お水を使うと容器がつぶれていく仕組みになっています。

 

捨てるときはボトルは小さくなってしまうのです。

 

ワンウェイボトルを使用するメリットは、
お水を使うとき空気が入らないので衛生的なことと、
ボトルは常に新品なことです。

 

デメリットは、ゴミの処理をしなければならないことですね。

 

最近では、ワンウェイボトルを扱う業者が増えています。

 

 

 管理人が判断する、安心して使えるウォーターサーバーはこちら