水の硬度

水の硬度

軟水や硬水ということを聞いたことがありますか?

 

お水の中に入っているミネラル成分によって種類が違うんです。
ここでは、硬度についてお話していきます。

 

 

硬度とは

 

水の中にはミネラル成分やいろいろな物質が
溶け込んでいますが、

 

その中でも、
水に含まれているカルシウムとマグネシウムの量で
計算される表示
です。

 

日本では、アメリカ硬度で表示されていて、
mg/L ( = g/m3) またはppmを
単位として表されています。

 

これは、水中のカルシウム塩と
マグネシウム塩の濃度(総硬度)を
炭酸カルシウムに換算した値です。

 

 

硬度の計算式は・・・

 

硬度 (mg/L) ≒ カルシウム濃度 (mg/L)×2.5 + マグネシウム濃度 (mg/L)×4.1

 

 

軟水と硬水の違い

 

数値によって軟水が硬水に分けられます。

 

間単に言うと、水の中に含まれるカルシウムとマ
グネシウムの含有量が多い水を

硬水、少ない水を軟水といいます。

 

詳しい硬度の分類については
『WHO(世界保健機構)飲料水水質ガイドライン』の
内容をご紹介します。

 

硬度の種類 硬度

軟水

0〜60mg/L未満

中程度の軟水

60以上〜120mg/L未満

硬水

120以上〜180mg/L未満

非常な硬水

180mg/L以上

 

 

軟水の特徴

 

軟水は、味もまろやかでおいしいと感じるお水です。

 

赤ちゃんのミルク作りやお料理にも適しています。

 

また、お茶やコーヒーなどの飲み物も、
そのままの味が出やすいので
おいしいお茶やコーヒーとなります。

 

カルシウムやマグネシウムの含有量が少ないので、
赤ちゃんや消化器系などがデリケートな人にも
負担をかけないお水となっています。

 

 

硬水の特徴

 

硬水は、少し癖のある味で、硬いと感じるお水です。

 

ダイエットや便秘にいいなどという情報もあり
飲んでいる人も多いようです。

 

硬度が高いお水やカルシウムが多いお水は、
胃腸の弱い人には向いていません。

 

胃腸に負担をかけてしまい、
胃痛になったりおなかを壊したりすることもあります。

 

 

硬度について

 

日本は、比較的軟水の国と言われています。
水道水に利用されている水の硬度はさまざまですが、
すべてが中程度の軟水以下になっています。

 

逆にフランスなどのヨーロッパでは、
硬水のところが多いようです。

 

日本で発売されているミネラルウォーターでは、
エビアンやヴィッテルなどが有名ですね。

 

硬度は、300を超えているそうです。

 

エビアンやヴィッテルはどうも飲みにくいと感じていましたが、
硬度がとても高かったんですね。

 

 

以前、平成水の百選に選ばれた天然水を
飲んだことがあります。

 

飲んでみると、硬いお水の感じがしたので調べてみたら、
硬度は100くらいでした。

 

中程度の軟水なのになぜ硬いお水と感じるのかというと、
カルシウムの含有量が多かったんです。

 

カルシウムの含有量が多いと、
硬いお水と感じるのかもしれません。

 

硬度だけでなく、カルシウムの量が多いと硬いと感じるように、
ミネラルの含有量によっても、味が変わってくるようです。

 

硬度については、ひとつの表示であり、
自分自身がおいしいと感じるお水を飲むのがいちばんですね!

 

 

 管理人が判断する、安心して使えるウォーターサーバーはこちら