脳の活性化のために

脳の活性化にお水を飲みましょう

 

お水を飲む飲まないで脳の働きが違うということが
科学誌に掲載され、またそれが証明されたことです。

 

頭を使う作業の前に水分を摂るのと摂らないので
作業スピードに違いが出たというのですね。

 

具体的には頭を使う行為の前に500mlの水分
を摂った場合と摂らなかった場合で、
反応速度に14%もの差が出ること分かったのです。

 

 

さらに喉に乾きを覚えた人とそうでない人ではさらに明確に違いが
見られたとのことですが、人間は喉の渇きを覚えた時点で
水分不足になっているので、この差は私でも分かります。

 

お水が脳の働きを早める起爆剤になるのですから
すごいことです。

 

イギリスの大学の研究者による研究によるものですが
お水でだけで脳の動きが大きく違うということは
一般の人間からすると驚きです。

 

 

人間は喉の渇きを覚えた段階では、すでに水分不足になって
いるのですが、その喉の渇きを実感する前に
脳の働きは落ちている可能性があるということです。

 

 

こういう現象はは、脳の大部分の8割が水分でできていることから
説明できるということです。

 

一般的には成人している大人の身体全体で言えば
60%が水分ですが、それよりも水分比率は高いですね。

 

 

仮説ではありますが、喉の渇きを認知する脳の部位が、
喉の渇きを解消することによって、その部分が脳の処理速度に
回される仮説も立てられています。

 

 

子どもにとって

 

水分の補給は、子どもにしてみたら大人以上にとても重要です。
様々な知識を得る大切な時期です。

 

子どもにとっての水分補給は集中力と記憶力を
上げると分かりました。

 

その効果が大人よりも顕著で、コップ一杯程度の影響は
大人よりも大きいことが判明しています。

 

試験や受験勉強等々に対するパフォーマンスが
お水によって大きく変わるなら、お水は大変重要です。

 

テスト前にお水を飲んだ場合とそうでない場合、
30%もテストの点数に差が出たという研究結果も
あるようですが、

 

健康に対するだけでなく、頭の働きにまで影響を及ぼす
水分補給はおざなりにはできませんね。

 

勉強のためだけに、ということではありませんが
頭の働きは良い方がいいですね。

 

大人にとっても子どもとっても水分は重要ですし
できるだけ良質のお水を摂取したいですね。

 

 

 脳のパフォーマンス向上にために飲んでいただきたいお水はこちら