ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのデメリットは?

 

ウォーターサーバーを導入するデメリットは何か考えてみましょう。

 

お水の料金と費用の問題

 

お水の料金だけをみると、2Lのペットボトルよりも
割高に感じてしまいます。
また、サーバーレンタル料も必要な場合もあったり・・・。

 

ただ、ポットの電気代や冷蔵庫の開け閉め、
お湯を沸かす費用が減るので、
トータルで見ると安くなるケースが多いです。

 

最近は、サーバーレンタル料も
無料の業者も増えています。

 

ボトル換えがたいへん

 

ウォーターサーバーは、

 

お水のボトルをサーバーの上にセットして使うので、
どうしてもお水をサーバーのボトル差込口まで
持ち上げなければなりません。

 

現在は、水の量が10L前後の
ボトルを使っている業者がほとんどです。

 

そうすると、」10kgくらいのお水を上まで
持ち上げることになりますので、
女性や高齢の方にはたいへんな作業かもしれません。

 

私が以前使っていたウォ-ターサーバーのボトルは、
18.9Lのガロンボトルでした。

 

ウォーターサーバーを契約後、1回目の送のときは
セットしてもらえたのでよかったのですが、
はじめて自分でボトルを換えるときに、ボトルの重さに気づきました。

 

一人暮らしだったため、自分で換えるしかないので、
テコの原理を使って換えていましたが、それは大変でした。

 

最近はかなり軽いボトルも出ていますし、
サーバーの種類によっては、下に入れるサーバーもあります。

 

重いのを持ち上げるのがいやな場合は、
ボトルが軽い業者やサーバーの下に
入れるタイプを扱っている業者を選ぶといいですね!

 

設置場所が必要

 

ウォーターサーバーの設置場所を
確保することが必要になります。

 

そんなにスペースをとるわけではありませんが、
どこに置こうかと考えtしまう部分だと思います。

 

また、水ボトルをストックしておく場所も必要です。

 

ただ、ストック場所については、
今までペットボトルを箱買いしていたなら、
同じ場所に保管すれば解説します。

 

ガロンボトル使用でしたら、ボトルを縦に重ねて
置けるような専用のお皿みたいなもの(スタッカー)を
貸してくれたり、販売している業者もあります。

 

衛生面が不安

 

費用のことと同じくらい重要になってくるのが、
衛生面です。

 

ウォーターサーバーはずっと清潔に使えるのでしょうか?

 

サーバーは業者が定期的にメンテナンスをしてくれたり、
空気が入らないような設計になっていて、
内部が汚れないようになっているサーバーもあります。

 

お水は飲料用として、処理されているミネラルウォーターや
ピュアウォーターです。

 

あとは、各自でしっかりサーバーのお手入れをするように
していくことで、衛生的に使っていけるでしょう。

 

 

デメリットを考えてみましたが、
解決できるものが多いように思いました。

 

メリットとデメリットを比較して、
メリットを感じるほうが多いと感じたら、
ウォーターサーバーを利用しましょう!

 

 

 管理人が判断する、安心して使えるウォーターサーバーはこちら