怖いかくれ脱水症

かくれ脱水に注意

 

かくれ脱水という現象をご存知ですか?

 

かくれ脱水とは、脱水状態になっているのに
それが症状として現れない脱水のことをいいます。

 

 

成人の方の身体に占める水分量は
60%もの割り合いになります。

 

 

その水分の多くを失ってしまって、それが
様々な症状として現れる状況を脱水症状と
いうのですが、

 

実際の症状として出ないことがあります。

 

それらを「かくれ脱水」といいます。

 

 

 

実際に脱水症状になると、倦怠感やシビレ、
ひどい場合は身体にけいれんが起きたりします。

 

意識障害まで起きてしまうと相当危険が
状態です。

 

 

脱水症状とは

 

一般的に脱水症状との関係でよく言われるのが
熱中症による脱水症状ですね。

 

 

脱水症状は熱中症だけに起こるものでは
ありませんから、水分不足には気をつけなければ
いけません。

 

 

人の身体は、常に水分を失っています。

 

例えば睡眠時には約コップ一杯の
水分を汗などで失っています。

 

 

身体の中の水分が不足したときに、
つまり脱水状態になると、下記のような
症状が出ます。

 

 

データによりますと、

 


体重の2%の水分を失った場合、
まず喉の渇きを覚えます。

 

喉の渇きを覚えた時点ですでに軽い脱水状態に
あるということです。

 


体重の3%では、喉の強い乾き、
食欲がなくなる
などの症状。

 


体重の4%になると、皮膚表面の紅潮、
体温上昇、強い疲労感、尿の減少、尿の濃縮

 


5%になると、頭痛や熱にうだるなどの症状、
そして6%だとけいれんなどの症状にまで
行ってしまいます。

 

 

ここで注意が必要なのは、喉の渇きを
覚えた時にはすでの水分不足の状態に
なっているということです。

 

 

よく脱水症状と熱中症が1セットで語られる
ことが多いですが、

 

汗などで体内の水分量が減ってしまう点は
共通していますが、決して1セットでは
ありません。

 

脱水症状には熱中症以外でも
気をつけなければいけません。

 

 

熱中症から来る脱水症状

 

熱中症は、高温多湿で、体温を下げようと
汗をかくのですが多湿のため汗が蒸発せず
体温が下がらない
という現象になります。

 

結果汗をかき続けることによって
水分量が減って汗をかけくなることで
どんどん体温が上昇してしまう現象となります。

 

 

熱中症における脱水症状と
いわゆる一般的な脱水症状は原因やプロセスが
全く同じではありませんが、

 

身体の状態として熱中症の初期状況は、
脱水症と同じ状態
にあると言え、

 

水分が不足している状態にあるので
水分補給が重要となります。

 

 

重要なのは、熱中症の予防は脱水状態の
予防と重なります。

 

熱中症による脱水症状といわゆる脱水症は
ともに水分補給が需要な予防策になると
いうことです。

 

熱中症と脱水症状はどちらも体内の水分が
減少することが関係しているという点では
水分補給が重要な対策となります。

 

 

かくれ脱水は危険

 

脱水状態の改善の重要さをお伝えしていますが、
実は脱水状態に気が付かないことが多いのも
事実です。

 

 

体内の水分が不足していても喉の乾きなどを
感じなかったり、気がついたら随分と水分を
摂っていないなとか、

 

実は脱水状態がすすんでいることもありえます。

 

 

尿の回数が減っていたり、濃い尿が出た場合
脱水状態にあるかもしれません。

 

 

こまめな水分補給は日常的に心がけましょう。
また水分補給では、清涼飲料水等はカロリーや
糖分の取り過ぎにもなります。

 

よくビールで水分補給だ、と言われる方を
見ることがありますが、ビールは利尿作用を
促進しますので

 

返って脱水状態になってしまう恐れもあります。

 

 

水分補給は、嗜好品的な飲み物ではなく
身体にいいとされるミネラルウォーターなど

おすすめします。

 

 

ウォーターサーバーを利用されるといつでもこまめに
水分補給が可能ですし、冷た過ぎない適温に
調整できますので、内蔵にも負担をかけません。

 

失ったミネラル分も摂取できます。
ミネラルウォーターのウォーターサーバーが良いでしょう。

 

 

 脱水状態の予防に最適な水分補給ができるウォーターサーバーはこちら