水分子の大きさ、クラスター値

水分子の大きさを表すクラスター値とは

 

お水の分子の大きさを示す言葉にクラスター値という数値があります。

 

お水はいくつかの水分子の集合体で形成されています。
その水分子の集合体が小さければ小さい程体内に吸収されやすい
サラサラしたお水と言えます。

 

吸収されやすいということは、その分代謝が活発になり
老廃物の排出が促進されるなどの効果も期待できるということです。

 

例えば大きい粒子で構成された物質と小さい粒子でこうされた物質とを
比べた場合、どちらがサラサラしているか想像できます。

 

 

お水を形成している水分子は化学式でH2Oと表記され、
Hという水素原子2個、Oという酸素原子1個で構成されており、

 

その水分子が集合体となっているわけですが
そのお水を形成している水分子の集合体の塊が小さいほど
クラスター値が小さいと言えます。

 

 

クラスター値の小さいお水を飲むことで期待できることとして、
様々な点が挙げられます。

 

例えば血液ですが、
血液も水分ですから、クラスター値の小さいお水を飲むことで
サラサラになり血栓が作られにくくなると言う点が認められています。

 

またクラスター値が小さいほど細胞に浸透しやすく、
すみやかに吸収されるためです。

 

さらにクラスター値が小さいお水は全身に行き渡りやすいために
老廃物の排出が促進される作用があると言えるわけです。

 

 

料理に使うと

 

クラスター値が小さいお水は細胞に浸透しやすいと
上記に記載しましたが、それは料理にも言えます。

 

料理をする主婦にとっては嬉しい効果です。

 

食材の奥まで水分がしっかりと浸透しますので
料理をおいしくします。

 

また水道水に含まれる残留塩素はビタミンを壊すとも言われており
匂いも気になるところですが、塩素を含まない
良質なお水を使用することで料理の味を引き出してくれます。

 

 

クラスター値の単位

 

クラスター値は、Hz(ヘルツ)という単位で測られます。
水道水が115〜140ヘルツ、一般的なミネラルウォーターや
浄水器でろ過したお水が110〜130ヘルツです。

 

ウォーターサーバーでクラスター値を出しているのは
フレシャスクリティアです。

 

数値は公表していませんがクラスター値が小さいと言う点を
記載しているのがアルピナです。

 

数値に関しては、

フレシャス76ヘルツ
クリティア62ヘルツです。

 

いずれも小さい数値でクラスターが小さいことが分かります。

 

こういう点から、浸透性のあるいいお水であると言えます。

 

 

    管理人がおすすめする良質で飲みやすいお水はこちら