育児に向いている理由

ウォーターサーバーが育児に向いている理由

ウォーターサーバーのお水が、
なぜ育児に向いているのか調べてみました。

 

赤ちゃんのミルク作りに最適

 

最初にミルクを作る過程をみていきましょう。

 

1. ミルクを作るときは、まずお湯を沸騰させた湯ざましを作ります。

 

2. 沸騰させたお湯を70℃までさまして哺乳瓶に2/3くらい入れたらミルクを
   溶かし、よく振ったあと湯冷ましをいれて出来上がりの量にします。

 

3. 40℃まで水でさまして出来上がりです。

 

 

この過程を見ていくと、かなり手間がかかっています。
家事や育児で忙しい中、
できればミルクを作るのが楽になればいいですよね。

 

ミルクは基本的に水道水を使うことを前提として
作られています
ので、上記は水道水を使った場合の
作り方です。

 

 

では、
ウォーターサーバーを使った場合のミルク作りの過程
みていきましょう。

 

1. ウォーターサーバーのお湯は、各社によって違いはありますが、
   85〜90℃の お湯がすぐに出るので、お湯を沸かす手間が省けます。

 

2. お湯を70℃までさましたあと、.お湯で粉ミルクを溶かして
   冷水を加えて適温にして出来上がりです。

 

 

かなり時間も短縮されて手間も省けていますよね。

 

特に、夜中の授乳時はとても助かりますね。

 

 

離乳食作りにも最適

 

ミルクから離乳食になったときも、
ウォーターサーバーのお水で作ることで、
おいしい離乳食ができます。

 

それに、ミルク以外の飲み物をあげるときも、
白湯やお水にすることで、甘いジュースなどを
控えることができて、赤ちゃんにとって健康的ですね。

 

 

お水を飲む習慣を作ってあげられる

 

子どもが育っていく過程で、
飲み物としてお水を飲むことは習慣となります。

 

砂糖が健康によくない影響を与えることはご存知ですか?

 

子どもの頃から甘いジュースやスポーツドリンクばかり飲んでいると、
それが習慣となって病気になってしまう可能性があります。

 

最近言われているのは、肥満や生活習慣病ですが、
実は糖分は脳にも影響することがわかってきました。

 

糖分の取りすぎによって、発達障害になったり問題を起こしたり、
不登校になったりするケースもあるというのです。

 

また、アレルギーも砂糖の取りすぎによって
起こる場合もあります。

 

 

健康で元気に育っていくためにも、
子どもの頃からの習慣はとても大切です。

 

薬品や農薬などに敏感なお子様も増えているようですし、
水道水は飲まないけど、おいしいお水だったら
飲むようになったために、ジュース代が減ったということもあるようです。

 

子どもは大人以上に敏感だということを理解してあげましょう!

 

 

 管理人が判断する、安心して使えるウォーターサーバーはこちら