赤ちゃんにおすすめランキング

赤ちゃんにおすすめランキング

ウォーターサーバーのお水を
赤ちゃんの粉ミルクや離乳食に使いたい場合は、
選び方が変わってきます。

 

ここでは、赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーを
ランキング形式でまとめてみました。

 

赤ちゃんには、硬度が低く、
マグネシウムやカルシウムの少ないお水が適しています。

 

お水の質だけでなく、
衛生面や安全性のことも含めて厳選しました!

 

 

フレシャス

 

 

山梨県富士吉田市の富士山麓標高1000m
地下273mから採水した水を、殺菌処理して充填された
ナチュラルミネラルウォーター。

 

弱アルカリ性で硬度21の軟水。
マグネシウムは100mlあたり0.19mgです。

 

硬度とは水に含まれるカルシウムや
マグネシウムなどの量で、含有量が多いと
硬度の高いお水とくなります。

 

硬度の高いお水は、未熟な赤ちゃんの体に
負担になります。

 

フレシャスは硬度21の超軟水なので、
ミルクなどにも問題ありません。

 

放射線物質検査も月1回行われ、
不検出です。

 

また天然水なので、妊娠中の方や
小さなお子様も安心して飲めます。

 

サーバーは日本製で、機器内を衛生的に保つための
「高温循環機能」(SIPHONEタイプ)がついています。。

 

 

 フレシャス公式サイト

 

 

クリティア

 

 

富士山麓の地下203mから採水した水を、
非加熱処理したナチュラルミネラルウォーター。

 

天然水100%で無添加、弱アルカリ性、
硬度は25の軟水、
マグネシウムは100mlあたり0.22mgです。

 

赤ちゃんにも安心のお水です。

 

カルシウムやマグネシウムなどのミネラル含有量を
硬度と言いますがミネラルは適量であれば
おいしさや風味、健康に良いです。

 

しかしそのミネラル分も赤ちゃんの未成熟な腎臓には
負担となります。
時には脱水症状を起こす原因となります。

 

一般的には(一部の海外製品は除いて)市販されている
ミネラルウォーターは硬度100度前後ですので
赤ちゃんのミルクには問題はありません。

 

しかしクリティアは硬度25の超軟水ですから
赤ちゃんのミルクに適したお水です。

 

品質チェックも毎日行われています。

 

放射性物質検査は、毎日実施で不検出ですので
安心して使用出来ます。

 

 

 クリティア公式サイト

 

 

アルピナウォーター

 

 

長野県北アルプスの水源から採水され、
RO膜でろ過されたピュアウォーター。

 

硬度は1.05で、
マグネシウムは100mlあたり0.01mgです。

 

RO膜でのろ過によってミネラル分をはじめとして、
雑菌などの不純物を分子レベルまで徹底的にろ過した
「ピュアウォーター」です。

 

99.9%の不純物を取り除いていて
その結果、硬度1.05の軟水です。

 

ガロンボトルも洗浄方法が明示されていて、安心。
サーバーは、災害時の停電でも利用可能です。
放射性物質は、概ね月1回実施。

 

安心して飲めます。

 

12Lのガロンボトルタイプと
8LのPET製ボトルから選べ
価格もリーズナブル。

 

 

 アルピナウォーター公式サイト

 

 

 

 

以上、上記3つの業者が私が調べた結果、
赤ちゃんにおすすめです。

 

私は子どもはいないですが、
子どもたちを守るということをいつも考えています。

 

子どもには、よいものを飲んだり食べたりして
健康で元気に育ってほしいと思っています。

 

私の近くに赤ちゃんがいたり、
親戚が妊婦さんだったりするので、
より身近に感じています。

 

ママと赤ちゃんの立場で、厳しい目で選びました。

 

「赤ちゃんに適したお水」のページでも
詳しくお伝えしていますので見てくださいね。

 

ウォーターサーバー選びの参考にしていただけたらうれしいです。

 

 

 管理人が判断する、安心して使えるウォーターサーバーはこちら