アレルギーとお水の関係

アレルギーとお水の関係

 

アレルギーで悩んでいる人はとても多いですね。

 

アレルギーの症状として、花粉症や食物アレルギー、
アトピー性皮膚炎、ぜん息等々
がありますが、
重度になるとまともな生活が送れない程です。

 

最近は重症化して命の危険になされるほどの人がいたり
アレルギーとは異なりますが化学物質過敏症という、
昔には有り得ないような病に苦しむ人もいます。

 

 

私も花粉症なのですが、
症状がひどい時には頭は痛くなったり、ボーっとして
集中力がなくなったり、

 

さらにひどい時には体調そのものを崩して寝込んで
しまうくらいです。

 

 

しかし昔はこれほどアレルギーで苦しむ人は
多かったのでしょうか?

 

少なくとも、戦後の高度経済成長を果たした時から
増えたという事実があるようです。

 

 

■ アレルギーの原因として、よく言われる理由として
・ストレス
・環境汚染
・食べ物
・生活環境
・杉林の増加による花粉の増加

 

等々をよく聞きます。

 

 

実はそれ以外に、
原因のひとつとして考えられていることがあります。

 

それは何かというと、「塩素」です。

 

衛生的に水道水を供給し、世界有数の水道環境を
持つことに寄与している要因としての塩素が
実はアレルギーの原因になっているというのです。

 

 

ただし、当サイトでも申し上げていますが、
蛇口をひねるとキレイなお水が出てくるのは
本当に恵まれていますし、

 

また塩素だけを取り除けば、健康に関する心配の全てが
解決するわけではありません。

 

タバコや食品添加物、農薬等々の問題もあります。

 

少なくともアレルギーだけに絞って言えば
他にも様々な影響が考えられますし、それらが複合的に
なっている場合もあるかもしれません。

 

水道水を生活の中から完全に排除することはできませし、
塩素が短期にかつ直接的に健康を害することは
ないでしょう。

 

ただ、ひとつの判断材料として言うなら、
「塩素」がアレルギーの原因のひとつとして考えられ、
また研究もされているということです。

 

できるだけこういった情報をもとに判断して
いただくことが重要です。

 

 

お水を変えることによって改善できる?

 

塩素が直接的かつ短期的には即座に健康を
害することはないとは考えられますが、
長期的にはどうでしょうか。

 

ある説によれば、戦後塩素の水道水への使用量の
増加の曲線とアトピー患者の増加の曲線に
相関関係があるということが言われています。

 

 

塩素を使用する理由は殺菌効果です。

 

ただこの塩素ですが、戦争中は毒ガス兵器として
使用されていたぐらいのものです。

 

仮に高い濃度の塩素にさらされたとして、
その害はタンパク質や細胞、粘膜、体内のミネラルを
壊します。

 

塩素は万病のもとと言われている
活性酸素を発生させる原因にもなっています。

 

もちろん水道水は影響はないくらいに薄められはいます。

 

アトピーを患っている方にとってはそれすら皮膚に
刺激を与えてしまうこともあります。

 

日本の水道水における塩素使用料は
世界中と比較しても多いといわれていますので
長期的には人体への影響に懸念があります。

 

また飲料水として「合成洗剤による水質汚染」でも
記載している微量な化学物質の残留問題もあり、
水道水の健康への懸念は少なくはないです。

 

もちろん生活全般の中で水道水を全て排除することは
できませんし、水道水が原因で短期的に何か病気に
なったりするようなことはありません。

 

しかし長きに渡ってそういった塩素などの物質を
長期的飲み続けることによる、体内の残留塩素が
アレルギーの原因と関連付けている化学者もいます。

 

上記にも記載しましたように水道水への塩素の使用との
因果関係を疑う研究もあります。

 

 

もちろんアレルギーという部分に焦点を当てた場合、
冒頭お伝えしたアレルギー症状など全てが
塩素だけを原因とするものではありませんが、

 

しかし水道水を飲むのをやめてミネラルウォーターに
変えたらアトピーが改善したという例も
たくさん報告されています。

 

 

アレルギーだけに限らず、身体の60%以上を
占めている体内の水分ですから、飲料水を
塩素の無いものに変えることは良いことですし、

 

長期的に、飲料水を塩素を含まないものに変えるだけでも
体質が改善されていくのはイメージできますね。

 

 

飲料水はよいお水が望ましい

 

塩素が豊かな飲料水資源を提供してくれているのは
とてもありがたいことです。

 

ゆえに塩素のデメリットだけに目を向けてよいのかと言う点も
ありますが、健康に関しては自分で守って行くしかありません。

 

生活全般の全てから水道水を排除することは
なかなか難しいですが、しかし少なくとも何もしないと
いうことより、選択をして安全性を確保していくことが重要です。

 

飲料水だけでも塩素のないものにして安全を確保していくと
いうことは必要なことではないでしょうか。

 

 

 

 塩素を含まない良質なお水で水分補給ができるウォーターサーバーはこちら